ウォーリアー講座

Tue, 04 Dec 2018 21:59:24 JST (14d)

※当WikiはPC版向けTERAの情報をまとめたwikiとなっています。
PS4版はPC版と比べて1年半ほどパッチが遅れているため、当wikiの情報は参考にならない部分が多いと思われるので注意してください。


はじめに Edit

このページの内容は、「18.11.07のアップデート」時点での情報になっています。
「職バランス調整パッチ」などのアプデによって仕様が変更された場合は、情報が古くなる事があります。
英語が読める場合は、講座よりも「ヲリ議論Discord(英語)」や、「Shinoyx氏のガイド(英語)」などの方を見るのを推奨します。
 
また、「ウォーリアー講座」の内容は利用者の多い65Lv向けのPvE(ダンジョン等)の情報が主です
基本的には、65Lvになりたての初心者がそれなりに動けるようになることを目的とした記述になっています。
一応ある程度動かしたり情報を収集してから記述してますが、主観込みの文章なのでこれが絶対というわけではありません。

ウォーリアーについて Edit

臨機応変なスキル回しが求められる職なので操作難易度は高い。
DPSを出すためには、スキルの優先度やスキル連携などを把握しておく必要がある。
基本評価は全職業簡易まとめ参照。

用語 Edit

+  用語集
スキル略称
スピコンスピリットコンボの略。
ダッスラダッシュスラッシュの略。
その他の用語
ジャスガジャストガードの略。
タンク時に敵の動きを見切った上で、攻撃直前にガードを入れること。
ガーキャンガードキャンセルの略。
タンク時にガードを一瞬だけ使用し、スキル硬直を削除すること。

クリスタルや消耗品 Edit

「ウォーリアー」のページを必ず読んでおきましょう。65Lvからは必須級の知識になります。
「クリスタル」・「有効な補助アイテム類」・「ダンジョンでの動き方」は低Lvの内からでも活用できます。

装備の入手 Edit

育成帯は遺物武器やクエストで手に入る装備を+9まで強化して使っていけば十分です。
65Lv以降の装備などの情報については「Lv60~65の手引」を参考にしましょう。

オプション選択 Edit

使用する職によって装備の推奨オプションは多少異なります。
「推奨オプション」でウォーリアーの項目を見て装備オプションを選択しましょう。

特性 Edit

メイン
https://essentialmana.page.link/rV1t
サブ
https://essentialmana.page.link/mZag


メイン枠の特性の中には、Lv1だけ取得しておく項目もあるので、取得Lvはよく確認しておく事。
まずはメイン枠の特性を優先して取得していき、メイン枠を全て取得し終えたら、サブ枠をプレイスタイルに合わせて好みで取得する。
 
メイン枠の優先度は「攻勢」>「デッドリー怪力≒デッドリー怪力強化」>「ダッスラ集中≒スピコン連係」で、他の項目は好きな段階で取得。
サブ枠は高評価順に「回避致命傷≒ソードディフェンス魔力回復」>「回避加速戦闘≒スラスト吸血≒シュレッド集中≒バインド連係」

ダンジョンでの立ち回り Edit

火力(アタッカー)
敵を倒すことが主な役目。敵の後方(盾の反対側)からの攻撃を心がける。
盾が纏めた雑魚敵や、BOSSを一丸となって攻撃。バラバラになるのはNG
IDでは基本的に盾職より先に進んではいけない。FA厳禁。
+  詳細な解説を開く
生存重視
火力組は他のクラスとくらべて、操作が比較的簡単な傾向にある。
そのため、火力が死亡するのは、死んだ人自身が原因という考え方が主流。
被弾しないように攻撃を避けつつ、Mobの後方からの攻撃を心がけよう。
道中
道中はタンクの後をついていき、タンクがMobを纏め終わってから討伐しよう。
タンクが敵を纏めて固定する前に攻撃してしまうと全滅の可能性もあるので、
タンクがシャウト等のヘイトスキルを使用したのを確認してから攻撃すること。
中型戦1
被弾しないように攻撃を避けつつ、Mobの後方からの攻撃を心がけよう。
敵を後方から攻撃することで、大幅な攻撃力の上昇やクリティカル率の増加が見込める。
慣れてくると、弱攻撃は被弾しながら攻撃を続けることもあるが、やりすぎて死なないようには注意。
中型戦2
盾が中型を誘導しているときは、誘導し終えるまで攻撃を止めて回避や生存に専念。
特にリーシュ(NMに鎖を巻きつける攻撃)を使っている時は、誘導中の合図であることが多いので注意。
タゲを奪ってしまったら、攻撃を控えたり盾の近くへ移動して盾にタゲを返す努力をする事。
ギミック処理や味方のカバー
ギミックの処理は基本的に火力が担当。無視することなく確実に処理しよう。
中型が一般Mob/小型Mobを召喚した時には召喚されたMobを優先的に排除し、
ヒーラーやタンクが一般Mob/小型Mobに襲われてる時には状況を見てカバーする事。
プリーストPTの対応
プリーストPTの場合は、ID入場後や戦闘前にバフの付与があるはずなので、
バフの範囲外に出ないようにする、バフから漏れた場合は再使用をお願いするなど。
エレメンタリストPTの対応
エレメンタリストPTの場合は、HPが7割〜5割以下になったら回復玉を拾いに行く。
また、デバフが付与されたとき、デバフ解除用にHP回復玉を拾いに行くなど。
ID入場後に「気持ちいい挨拶」でエレの移動速度(と生存率)を高めてあげるのも有効。
各ダンジョンの攻略法に則った対応
ヒーラーがヒールヘイトを利用したMob集めを行うIDなど、
一部のダンジョンでは特殊な攻略法を用いるような場所もある。
そのため各自IDのページを参照し、IDの攻略法に則った対応をするようにしよう。

スキル解説 Edit

各スキルの解説については、「ウォーリアーのスキル一覧」ページを参照してください。
ただし、スキルページの更新が滞っている可能性もあるので、更新日をよく確認しておいてください。

ウォーリアー専用システム Edit

ブレードスタンスディフェンススタンス ゲイルレイザー
ウォーリアーには「スタンススキル」というものが存在し、スタンスを切り替えることでアタッカーとタンクを切り替えることとなる。
適切なスタンスに切り替えないと役割が全うできないので、アタッカー時には「ブレードスタンス」、タンク時には「ディフェンススタンス」を使おう。
たまにダンジョン入場後にスタンスの効果が切れる不具合があるので、ダンジョン入場後にはスタンスが有効になっているかきちんと確認するのを忘れずに。
 
他にも「ストックシステム」があり、ストックの数に応じて「ゲイルレイザー」の威力やクリティカル率が変動する。
そのため、基本的には最速で10ストックを溜め、最大ストックの「ゲイルレイザー」をCT毎に打つのがDPSを出すための基本戦法となる。


+  復帰組用の追加説明
  • 現在のストックシステムはPT共有ではなくなったので、ヲリ被りを気にする必要はなくなりました。

バフスキル Edit

憤怒デッドリーウィル ゲイルレイザーワイルドレイジ - ディセクトランブロー
ウォーリアーには「デッドリーウィル」というスキルがあり、発動することで一時的に攻撃性能を上昇させることができる。
クリティカル率が50%上昇する上、スキルのクールタイムが半減し、主力スキルの「ゲイルレイザー」「ディセクト」「ランブロー」の威力が10%上昇する。
発動中は高頻度で「ゲイルレイザー」を連発できるようになるので、与ダメージが増加する「憤怒時」に合わせて使用するようにしよう。

スキル連携 Edit

ゲイルレイザーワイルドレイジ - ディセクトコンバットストライク
ウォーリアーが連携に使うスキルの一覧。基本的にアタッカー時は以下の一覧に載っているスキルだけを使うことになります。
状況に合わせて臨機応変にスキル回しを変えてDPSを出す職なので、以下の連携スキルを覚えて状況に合わせた動きができるようにしましょう。
基本的には「コンバットストライク」を起点に、ストックが10になるまでに「ディセクト」をより多く当て、「ゲイルレイザー」をCT毎に当てれるようになるのが理想。

回り込み→エバジョンアタック Edit

回り込みエバジョンアタック
「回り込み」や「エバジョンアタック」は人によって運用方法が異なるので、この連携を使うかどうかは人によって異なります。
「回り込み」は後方への回り込み専用に使う人も居れば、ストック重複用に使う人も居て、無敵時間を利用した回避に使う人も居ます。
「エヴァジョンアタック」は回避ついでにストックを溜めるような使い方や、攻撃速度バフ付与用(特にNM戦開始前)に使う人が居ます。

コンバットストライク→ランブロー Edit

コンバットストライクランブロー
基本的な連携。

ランブロー→シュレッド Edit

ランブローシュレッド
「ランブロー」を当て終えたときにストック9になるような場合に使用。
「ランブロー→シュレッド」でストック10にした後、「回避→ゲイル」で高速化した「ゲイルレイザー」を発動するまでが一連の流れ。

コンバットストライク→シュレッド Edit

コンバットストライクシュレッド
「ランブロー」がCTでなおかつ「コンバットストライク」を当ててもストックが9止まりの場合に使用。
「コンバ→シュレッド」でストック10にした後、「回避→ゲイル」で高速化した「ゲイルレイザー」を発動するまでが一連の流れ。

ダッシュスラッシュ→ディセクト Edit

ダッシュスラッシュワイルドレイジ - ディセクト
基本的な連係。
「ディセクト」へ繋げる時に最優先で使っていきたい連係。

ウィンドスラッシュ→ディセクト Edit

ウィンドスラッシュワイルドレイジ - ディセクト
基本的な連携。「ウィンドスラッシュ」ではストックが溜まらないが、「ディセクト」への連係が早い。
そのため、優先度的には「ダッシュスラッシュ→ディセクト」の次に優先して使っていきたい連係。

コンバットストライク→スラスト→ディセクト Edit

コンバットストライクワイルドレイジ - スラストワイルドレイジ - ディセクト
基本的な連携。戦闘開始時の初動は基本的にこれ。
スラストのバフが13重複している場合は、スラストを最後まで打ち切らずに最速で「ワイルドレイジ - ディセクト」へ連携する事。
優先度的には、「ウィンドスラッシュ→ディセクト」と同じくらいの優先度の連係。

ポイズンストライク→スラスト→ディセクト Edit

ポイズンストライクワイルドレイジ - スラストワイルドレイジ - ディセクト
スキルCTやストック次第では「コンバ→スラスト→ディセクト」の代わりに使うことがある。
おそらく使用頻度は低めな部類に入ると思われる。

スピリットコンボ→ディセクト Edit

スピリットコンボワイルドレイジ - ディセクト
基本的な連携。「ディセクト」へ連携できるスキルの中では一番優先度が低い。
ただし、ディセクトが使える状態で他の連係が使えないなら使っていこう。
ただし、[覚醒]後は連係可能スキルが増えるため、この連係は殆ど使われなくなる。

ディセクト→ゲイルレイザー Edit

ワイルドレイジ - ディセクトゲイルレイザー
基本的な連携

ポイズンストライク→ゲイルレイザー Edit

ポイズンストライクゲイルレイザー
基本的な連携

ランブロー→ゲイルレイザー Edit

ランブローゲイルレイザー
基本的な連携

回避→ゲイルレイザー Edit

回避ゲイルレイザー
ストックを10溜めたけどゲイルレイザーに連携できるスキルじゃなかった場合に使用
例を挙げると「コンバ→回避→ゲイルレイザー」や「シュレッド→回避→ゲイルレイザー」などがある
回避からの連携でゲイルレイザーの発動速度が上がり、回避紋章による攻撃速度上昇の付与も見込める

跳躍斬り→ゲイルレイザー Edit

跳躍斬りゲイルレイザー
ストックを10溜めたけどギミック等で一時的に離れなければならない場合などで使用。
跳躍斬りでNMに近づく事もできて、ゲイルレイザーの発動速度も上がるが、使う場面は限られる。
「回避→ゲイルレイザー」ができる場面だと、迅速紋章も付与されるので回避ゲイルのほうを優先したほうが良い。

スキル回し例 Edit

スキル回し例の一覧です。
ウォーリアーはスキル回しに個人差が大きく、「俺が使ってるスキル回しとぜんぜん違うよ」なんて人も多いのであくまで参考程度に。
決まったスキル回しを確実にローテーションできるわけではないので、覚えるならスキル連携の方を覚えて臨機応変に動きましょう。

例1.初動限定(初期化なし) Edit

コンバットストライクワイルドレイジ - スラストワイルドレイジ - ディセクトコンバットストライクランブローポイズンストライクダッシュスラッシュコンバットストライクシュレッド回避ゲイルレイザー
「コンバ→スラスト→ディセクト→コンバ→ランブロー→ポイズン→ダッスラ→コンバ→シュレッド→回避→ゲイル」
威力が低い上に動作も長い「スピリットコンボ」を省いたスキル回し。
スラストを13HITさせる事とシュレッドのCTが空けている事が前提のスキル回しなので、基本的には初動くらいしか使い道がないと思われる。

例2.通常時(回り込みあり) Edit

回り込みコンバットストライクワイルドレイジ - スラストワイルドレイジ - ディセクトポイズンストライクダッシュスラッシュコンバットストライクランブローシュレッド回避ゲイルレイザー
「回り込み→コンバ→スラスト→ディセクト→ポイズン→ダッスラ→コンバ→ランブロー→シュレッド→回避→ゲイル」
「回り込み」をストック溜めに使う人用の、「スピリットコンボ」を省いたスキル回し。
「回り込み(堅忍)」紋章が入っている場合は、「シュレッド→回避」を省いて「ランブロー→ゲイル」を使用。

例3.通常時(回り込みなし) Edit

コンバットストライクワイルドレイジ - スラストワイルドレイジ - ディセクトダッシュスラッシュコンバットストライクスピリットコンボポイズンストライクコンバットストライクランブローゲイルレイザー
「コンバ→スラスト→ディセクト→ダッスラ→コンバ→スピコン→ポイズン→コンバ→ランブロー→ゲイル」
「回り込み」がCTだった時や「回り込み」を本来の用途で使う人用のスキル回し。

例4.ディセクト初期化 Edit

コンバットストライクワイルドレイジ - スラストワイルドレイジ - ディセクトダッシュスラッシュワイルドレイジ - ディセクトコンバットストライクランブローポイズンストライクゲイルレイザー
「コンバ→スラスト→ディセクト→ダッスラ→ディセクト→コンバ→ランブロー→ポイズン→ゲイル」
ディセクトとコンバのCTをなるべく無駄にせずにゲイルへ繋げていくスキル回し。
ディセクトのCT初期化が1回だった場合に使用。

例5.ディセクト初期化 Edit

コンバットストライクワイルドレイジ - スラストワイルドレイジ - ディセクトダッシュスラッシュワイルドレイジ - ディセクトコンバットストライクスピリットコンボワイルドレイジ - ディセクトゲイルレイザー
ディセクトのCT初期化が2回だった場合に使用。

例6.デッドリーウィル1 Edit

デッドリーウィル ダッシュスラッシュワイルドレイジ - ディセクトポイズンストライクコンバットストライクランブローゲイルレイザー
「デッドリーウィル」中はスキル回しがほぼ固定化される。
ディセクトが初期化しなかった場合のスキル回しはこちらの連係。

例7.デッドリーウィル2 Edit

デッドリーウィル ダッシュスラッシュワイルドレイジ - ディセクトコンバットストライクワイルドレイジ - スラストワイルドレイジ - ディセクトゲイルレイザー

「デッドリーウィル」中はスキル回しがほぼ固定化される。
ディセクトが初期化した場合のスキル回しはこちら。

覚醒 Edit

スコールエッジトルネードマニューバストームレイザー
ILv439を達成し覚醒クエストを消化すると、3つの新スキルが習得され、ウォーリアーの連係がより複雑になります。
覚醒スキルについての解説は、ウォーリアーのスキルページを参照してください。

スキル連係(覚醒) Edit

覚醒以降にのみ使用可能なスキル連係の一覧です。

スコールエッジ→ディセクト Edit

スコールエッジワイルドレイジ - ディセクト
ストック8未満で、スコールエッジがディセクトに連係出来る場合は最優先で使用。

スコールエッジ→ランブロー Edit

スコールエッジランブロー
ストックが8未満で、ディセクトへの連係が出来なかった場合は、代わりにこちらを使用。

スコールエッジ→ゲイルレイザー Edit

スコールエッジゲイルレイザー
スコールエッジを当てた時にストックが10になり、なおかつトルネードマニューバがCTの場合に使用。

スコールエッジ→トルネードマニューバ Edit

スコールエッジトルネードマニューバトルネードマニューバ
スコールエッジを当てた時にストックが8で、トルネードマニューバが使える場合に使用。
その他、「トルネードマニューバ」は全てのスキルから連係可能なので、状況に合わせて他スキルからも連係を使用。

ストームレイザーへの連係 Edit

トルネードマニューバトルネードマニューバストームレイザー or ゲイルレイザーストームレイザー or 回避ストームレイザー
「ストームレイザー」は上記連係を使うことで、単体で発動するよりも発動速度が上昇する。
トルネードマニューバやゲイルレイザーからの連係が出来なかった場合は、回避から連係でも良いので覚えておこう。

紋章 Edit

紋章例
下記の画像は「高級紋章貴重紋章」をコンプリートしている状態での一例です。
飽くまで一例なので、これが絶対というわけではありません。挑戦するIDによっては紋章を変える事もあります。
紋章の順番はプレイヤーごとに異なるので、参考にする場合はアイコンの形をちゃんと見ましょう。
例1(覚醒前)例2(覚醒後・火力)例3(覚醒後・盾)
glyph2.jpgglyph_181203a.pngglyph_181203d.png
覚醒していない場合は例1が基本形で、残りの8Pを各プレイスタイルに合わせて振り分ける事になる。

動画 Edit

ウォーリアーガイド(覚醒後)

コメント Edit

コメントはありません。 クラス講座/ウォーリアー講座/コメント

お名前:
URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White




当サイトで利用している画像及びデータは、GameOn株式会社及びBluehole, Inc.に帰属します。
当サイトの文章や画像を、許可なく他のサイトへ無断転載することを禁じます。
 
Copyright © Bluehole, Inc. All rights reserved.
Copyright © GameOn Co., Ltd. All rights reserved.